木曽路はすべて山の中である


朝2時半、頭痛で目が覚める。酒の所為ではなく、肩凝の其れ。ベッドが軟らか過ぎる所為だろう。
眠れないのもナニなので、ロキソニン1錠を服用して眠りに付く。んで持って朝6時半起床。
暫しボーっとして、身支度を整え、8時過ぎにチェックアウト。朝飯に蕎麦でも喰おうと、駅周辺をうろつくモノの、開いている店は無し。駅の蕎麦屋も9時開店。この辺、奥東濃南木曽地方の中心都市として如何かと思うぞ中津川。朝飯は諦め、9時前まで駅の待合室やら駅周辺やらで過ごし、三菱東京UFJ銀行中津川支店に向かう。目的は未だ東海銀行の侭のカード&通帳の更新。別にコッチの(田辺に有る)同行でやっても良いのだが何となく。10分程で手続き終了。銀行を出た後コンビニでお茶を買い、再び出てきた頭痛にバファリン2錠服用し、馬籠行きのバスを待つ。
9時41分、バス到着。中は遠足らしい幼稚園児で満員。何か見つける度に頭を右左に動かす仕草は後ろから見るとプレーリードックみたいに見える。園児達は落合の手前で降り、殆どの客は馬籠まで降りなかった。
10時過ぎ馬籠到着。あんまり紅葉は進んでいない様子。平日だが、中高年を中心にお客は多い。翌々考えれば、俺がこの手(観光業)の仕事をして居た頃も、地域事情がある2月を除けば、11月が一番多かった。定期バスは下側なので必然的に只管登ることとなる。


何とか登り続けてやっと展望台まで到着。先には未だ水車小屋や啄木の碑があるのだが、一寸其処まで行く気力は無し。展望台で煙草に火を付け一服し、再び下り始める。彼方此方をカメラに収めつつ、途中の店で手打ち蕎麦を手繰る。山葵が付いていたので、最後の汁にガーっと山葵を入れて飲み干す。中々旨かった。


食後は藤村記念館へ――。つか、正直、余り文学に興味が有るとは思えない俺が1時間半以上入り浸る程、施設としては充実。詩人・作家記念館のパイオニアに恥じない展示物の数々は好きな人なら、数時間入り浸っても飽きないでしょう。
漸くして館を出ようかと思うと、再び頭痛。「バファリン利かねぇ」と思いながらロキソニンを1錠飲む。
記念館を後にして再び宿場町を下る。途中、南木曽地方では名うての和菓子屋である「川上屋」の栗きんとんを職場への土産として買い、宿場町を出る。そして、バスにのり中津川へ。

後は、中津川→多治見→岐阜→米原→新大阪と乗り換えて更に途中でバファリン2錠×2を服用しつつ湯浅まで。
本当に、この頭痛さえ無けりゃ良い一人旅立ったんですけどねぇ・・・いやはや。

GO GO Ymagutchi! ~3~

GO GO Ymagutchi! ~2~)からの続きです

で、これを書いている今は米屋町バス停近く「mi-go」と言う一寸おしゃれな喫茶店(「イエスタデイズをうたって」に出てくる喫茶店「ミルクホール」みたいな所)で、珈琲にサンドイッチを摘みながらsigmarionで書いています。何だ、昼と一緒じゃないか(笑

13日、朝5時半に目を覚ましたおいらは、布団の中で精算金額を計算中。6時になって、むくりと起きては、今日も今日とて朝風呂三昧。風呂上がりには前日果たせなかった「朝酒」も堪能。うむ、憧れの小原某が如き生活。9時過ぎチェックアウトで湯田温泉から一路・新山口へ。ここで、津真氏・新瀬氏・せりさと氏と別れ、町蔵氏と合流。三日目メインの山頭火の足跡巡り。北口に回り、山頭火が最も長く留まった庵、「其中庵」へ。
「いかりやさん、場所、何処かわかります?」「多分、あの辺」・・・ご免、適当過ぎました、俺。やっぱり、しっかり調べておかなきゃねぇ、ほぼ無人地帯で右往左往。漸く通りがかった、ジョギングの人に伺い、何とか住宅地の一角に鎮座する庵に到着。無人。にも程が有るぐらい、放置プレイ。まぁ、殆ど案内板も出ていない状態なので、扱いかは大体分かる様な。その割に綺麗なのは、モラルがしっかりしているのか。後、ご記帳書の萌え絵も謎(笑
その後、昼食を取ろうとした店が5時営業だったりしながら、資料館でこれまた山頭火関係の資料を眺め、駅に。町蔵さんの提案で防府市に向かい、山頭火句碑と喫茶店でのお茶を経て日本三大天神、防府天満宮に。良いタイミングで神前結婚式をみることも出来たり、中々運の良い感じで、帰りに山頭火の生家を訪ね防府駅に。地元・町蔵さんとは此処でお別れし、新山口到着、お土産購入後には沖田氏ともお別れ。残った、O子さん、大ちゃんと電車の時間まで構内の喫茶店で時間を潰し完全解散。ひとまずは愛宴終了ー。いや、何年、何回とやっているけどいつもこの瞬間は達成感よりも寧ろ虚脱感と孤独感に猛烈に襲われる罠
ともあれ、ご参加頂いた9名の皆様方、どうもありがとう御座いました。次の修学旅行は数年後、場所は北海道。宜しく桜崎兄さん(笑
因みにいかりやは、山口到着後、アーケードを1時間一寸ウロウロした後に、上記の喫茶店に居着いています。
まぁ、2時間は居る。
メール好きのニート

本日の収穫。「種田山頭火はメール好きのNEET」ですってば。

GO GO Ymagutchi! ~2~

GO GO Ymagutchi! ~1~)からの続きです

正確には「Shimane」か。定宿と化した「よし家」にて起床。俺&新瀬氏&Mー1号氏は、颯爽と朝風呂。相変わらず豪華な朝食を頂いた後、前日に借りた車+更に1台を駆り、沖田氏を山口駅に送った後で、津和野へ。大鳥居を潜り津和野町に下ると、そこは箱庭の様な小さな町。駅前で対策を立て、先ずは乙女峠マリア聖堂に。急な坂道を登った上に立つ聖堂。


横には更に千人峠に至る山道が。
O子さん、せりさと氏を除く5名で山道を送破。千人峠に到着し一端、車迄戻ったものの翻って、


森鴎外が眠る永明寺に。素晴らしい中庭を誇るが故に庭を見る人も数名。おいらは、一寸高台に上って遠景を撮ったり。

参観後は道に迷ったりしながら、結局舞い戻って、永明寺下の食堂「忍」に。店員一人に対し7名も入店してしまった為に、奥さんてんやわんや。思わず、「運びましょうか?」と思うほど。少々時間がかかったので、店内にいた猫をてがいながら待ち、中々にこった料理を味わう。次に高台の上に有る、太鼓山稲荷を目指し、先ずは手前にある鷺舞奉納先・弥栄神社を経由。


大量の鳥居に覆われた階段を踏みしめ、上った先には絶景が。
城祉に比べ低い位置にあるものの、此処から眺める津和野は絶景。まるでフィクションの如き箱庭感に一寸浸る。本殿では本殿で、運良く、厄払い(?)儀式中の幼い姉弟を見ることが出来、満足。いや、この手のは地元や前の仕事先でもみれたのだが、やはり雰囲気が違うと見え方も違うな。その後は、テレビでもお馴染みの殿町通りなどを経て、車に戻り、迷走しながら津和野を後に。正直な話、もう少し時間が欲しかったなぁ、と。恐るべき津和野、填る気持ちが痛いほどよく分かる。逃げるなら此処だな(笑

戻ってからはレンタカーを返し、駅から湯田に。城兄さんは此処で、新山口→宇部空港に向かう為、お別れ。山口で再合流した沖田氏を含めた7人で湯田温泉駅に降り、駅待合室で待っていた大ちゃんと合流。そのまま直接、元・山口市在住、沖田氏の案内で「ほらふき男爵」に。チキンカツに舌鼓を打ちつつ、数名はビールも飲んだり。途中M-1号氏が、コスカ参加の為、バスで帰京。食事後は、宿に戻ってちびちびと酒など飲みつつ2日目終了。

本日の収穫1・津和野川からの町の眺めも絶景。2・M-1号氏伝説を作り損ねる(笑

続きます

GO GO Ymagutchi! ~1~

1年7ヶ月振りにやってきました山口県。朝7時半前に山口市・米屋町に放り出されおいらは、先ずはレンタカー屋に。ファンカーゴを借りて、一寸市内を試運転。9時、小郡の新山口駅新幹線口で、待ち合わせをしていた町蔵さんと合流。3日目にお会いするので、その前に一寸、顔合わせ。世間話をしつつ、13日の待ち合わせ場所を決め10時過ぎにお別れ。同駅にて10時半に津真氏と、11時過ぎに城兄さんと合流し、更に11時40分頃、湯田にて斉藤O子・元HM編集長と合流し萩へ。

まず、吉田松蔭を祭る「松蔭神社」に向かい、主に巫女さんを愛で(笑)直筆資料の眠る蔵は煩いのが入ってきた時点でおさらば。松蔭神社を後にして、昼食を取るべく萩市内へ。

海栗たっぷりのうに丼に、柔らかい鯨の刺身を堪能し、


城下町をゆっくり歩く。


散策の後は萩城祉。立派な石垣に目を奪われ、ついつい上まで上る一同。若干駆け足気味ながら萩周遊を終えて、山口市内のお宿に到着。此処で、M-1号氏・沖田氏・新瀬氏に、遅れて到着したせりさと氏と合流。そして、この日のメインイベント「河豚」、一人鍋にお吸い物、唐揚にてっさと河豚尽くしに一同堪能。今日一日、なんつー豪華な食生活か

本日の収穫・松蔭神社の巫女さんは可愛かったですよ、ええ。
今回の宿:「よし家」[写真]
03年の5/17~18に引き続き使わせて頂きました。料理の旨さは中々なのに、料金は控えめ。窓から見える風景が「壁」と言う事をさっ引いても(笑)、中々に良いお宿だと思います。

続きます

愛宴紀行、三次・山口の旅・後編

で、翌日。早めに眠ったいかりや、横井氏、空志君の三名は朝飯前に優雅に朝風呂。これぞ温泉の醍醐味。朝食も、中々なもの。味噌汁が身体に染み入ります。その後はチェックアウトまでダラダラ、ヤンキ―ス戦を観戦。ぽろぽろ落とす松井。目を覆う巨人ファン横井レゴ氏。で、チェックアウト。


有難う「よし家」さん、素晴らしかったです。

そっから中原中也記念館前で恒例の記念撮影。で、最後は1本締めで愛宴終了。参加頂きました卯月姐さん・M-1師匠・近江屋さん・沖田さん・こおべ君・空志君・城☆陽人兄さん・大ちゃん・横井さん、ども有難うでした(あと、忙しい最中に電話をくれた神嶋氏にも感謝です。
その後は、前日に中原中也記念館に入らなかった面々が館内へ。いや、なんつ-か「永遠のライバル・小林秀雄」なんてフレーズ書かれちゃうと「キタ―――――!!!!」とか思ってしまう時点で、邪な文学ファン丸出しなんですが(笑
取敢えず、手持ちが「在りし日の詩」しか無いのも情けないので、残りも買うベと思ったり。で、11時過ぎに日記前述の3人は山口市脱出。一寸車窓から厳島神社の大鳥居を眺めつつ、2時過ぎにはレンタカー屋に帰還。ダラダラしつつ3時に解散となりました。皆お疲れ様でした~(感謝
でも、いかりやは此れで終わりません~更に続くのです。

“愛宴紀行、三次・山口の旅・後編” の続きを読む

愛宴紀行、三次・山口の旅・前編

時は5月17日早朝6時・広島駅新幹線口。今回、三次~湯田巡りにはレンタカーを利用したのだが、レンタ屋開店が朝8時。こんな朝早くに放り出されてどーすんねん等、ご同伴・こおべ領氏(否みに「朝霧~」未読、興味も無し・笑)と思いつつ、どっか喫茶店でもないかと取敢えず正面口の方まで移動。広電に乗り込む女子高生以外は特に見るべきものも無く、戻って牛飯、その後ホテルの喫茶店で時間潰し。何気に優雅な時間。
7時40分頃、東京から夜行バスで広島に向かっていたM-1号氏も合流。マツダレンタカーでデミオ1300CCを借りいざ三好へ~と思いきや、こおべ氏曰く「一寸位、広島市内回ろうや~」つ事で取敢えず車内から原爆ドームだけ見て(ヲイ)いざ三好へ。中々好調のデミオたん。道中、その機動力を遺憾なく発揮してくれましたよ、マジで。
一時間後三次市内に到着。此処で運転をこおべ氏に代わる。以後、運転はこの男の手に。そして、三次以内で我々は困難に遭遇する・・・いや(汗)なんつーか、明日いかりやとか言うナビゲーションシステムが誤作動起こしただけなんですけどね。北と南が逆になっていたり(ヲイ)。つ事で、暫く三次市外を彷徨う羽目に。更にM―1号氏が嘆く。「巫女服女子高生が居ない!」・・・居ません。ナイス夢発言有難う御座いました(笑・因みに同氏は当日夜、横井レゴ氏他数氏に「何故其処で脳内補完しなかったんですー」と突っ込み入れられていました。いや当然ですが。)



漸くたどり着いた第一目的地の太歳神社(以後、霧の海展望台までは単行本「朝霧の巫女」2巻191頁の注釈参照)に到着。
単行本の注釈に依ると、稲生物怪録で異怪に悩まされた親子が訪れた神社とされているが、何てことは無い地区の一角にあるよくある神社。うむ。造りとか良く判らんからツッコミの入れようなしですし。「うわ、神輿金かかってそう」と言う祭キチ○イ発想しか出てこねぇ(バカ
で、そのままこおべ氏は車に残し、M―1号氏と共に西江寺に徒歩で到着。此処こそ本当の意味で何の変哲も無いお寺。幼稚園とか併設されているし、(因みに地元の西本願寺別院・日高御坊・・・と字の通り地名の由来にもなった寺院だがここにも幼稚園が併設されておりまして、由緒ある寺院と幼稚園の併設はよく有るようです)正直「よそ者」には入り難い雰囲気でした。気にしなかったけど。


最後は鳳源寺。赤穂浪士の墓碑が有ったり、三次(比熊)城址が続いていたりとする所為か「観光」する場所としては一番体裁が整っていました(実際、老夫婦2組が観光目的で来ていました)。造りもかなり立派な物で正直、前の仕事現場(道成寺)を上回る広さでした。はい。
鳳源寺にて御参りを済ました後、こおべ氏座上のデミオに戻り、霧の海展望台へ。最早、気分はドライブかピクニック。展望台にまで抜ける道は途中かなりいい道なので、全員ご機嫌、オタクにあるまじき爽やかさ(笑)。展望台到着時間が昼前と言う事もあり、霧の海は当然の如く見る事は出来ませんでしたが、その代わり三次市内を一望できまして、小春日和の中、正しく癒されるひと時。煙草を吹かしつつ暫しの休息。



霧の海展望台より三次遠景
展望台を降り再び三次市内に戻った一行は、三次市民俗資料館(入館料無料)へ。其処には、小林家所蔵稲生物怪録絵巻(勿論写し)が展示されていました。いやまぁ、判っては居たんですが、あの1巻から3巻にかけての物の怪(瓢箪やら蛙やら)が全て出ていて、本編が稲生物怪録にそって作られてきた事が良く判る。先に巡ってきた3つの寺院も踏まえて見ると更に興味が尽きない訳で、余り広さの無い資料館でかなり時間を潰してしまいました。(汗
民俗資料館を12時過ぎに出たのち、イズミヤにて稗田三姉妹の名前の由来にもなったと言う「淡雪3姉妹」を購入。個人的に甘いのが苦手ないかりやは柚子が一番くどくなくて好きでした。因みにM―1号氏は大量購入(笑)俺は俺で稲生物怪物語とか言う果実酒買っているし。それから駅近くの商業施設にて昼飯に蕎麦やらうどんやらを手繰り暫くもたもたしながら三次から出発。
こおべ領氏をして「いや、以外に大満足よ」と言わしめた(まぁ、この男の場合は、他にも大満足要因が有ったのだが・笑)案外、満足の三次訪問で有りました。
いや、まぁ前記もしましたが何と言っても大役立ちはレンタカー。機動力抜群で、多少の時間ロスも取り返せる辺りは流石。つーか、自分で運転しなくて良いってだけで(笑)楽でしたよ。いやはや。
三次出発後中国自動車道を一路西へとデミオで向かう。かなり快調なペース。途中島根県一寸だけ初上陸を果たし、山口・湯田温泉到着。なんつーか、殆ど大阪より東の人間ばかりで10人も良く来た物だと思いつつ、待ち合わせ場所の中原中也記念館正面玄関にて落ち合い宿へと向かう。一っ風呂浴びた後「きゃぁ、まともな夕食よ!(とか、言うと今までまともじゃなかったのかと言われそうだが其の通しなのでなんとも・笑)」とか言いつつ夕食。
宴会場でほろ酔いの後、部屋に戻ってチビチビ呑みつつ恒例となりつつある某こおべ氏の写真撮影。つーか、殆ど苛めに近いなぁ(笑)。いや、美味しいポジション♪。下らない馬鹿話の連続マックでネタを作る予定だった横井氏も仕事にならず。
夜半を過ぎると、今回唯一の山口在住沖田氏の案内でカレーを食いに出かけるもの。潰れる者多々入り混じり愛宴終了♪ 皆様お疲れ様でした♪