小田原、箱根、芦ノ湖を旅する~その4

小田原、箱根、芦ノ湖を旅する~その3」の続きです。
さて、当初の予定では箱根関所から、バスか海賊船で箱根元町まで行って箱根神社に参拝予定だったのですが、雨が強く参拝は断念。そのままバスに乗って箱根湯本まで移動します。箱根の峠を抜けるバスは中々ダイナミックなコーナリングで、こりゃ、乗り物弱い人には堪えそう。まぁ、幸い乗り物には強い方なので事無きは得ましたが。


そんなこんなで箱根湯本まで戻ってきました。
さて、お昼のいい時間だったので、


お勧めされた「直吉」にて湯葉丼なるものを食べようとやってきたのですが、結構ならんでいるので同行の方が番号だけ頂いて、一先ず撤退。


近くのフードコートにある「デリ&カフェテラス みつき」さんで生トウフシェイクなるものを頂く。
“小田原、箱根、芦ノ湖を旅する~その4” の続きを読む

小田原、箱根、芦ノ湖を旅する~その3

小田原、箱根、芦ノ湖を旅する~その2」の続きです。


中学の修学旅行以来の海賊船。
5時過ぎ頃起床。昨日は早々に撃沈した所為か、目覚めは早いが寝た感じはする。折角の温泉なので朝から風呂。


そして7時半を機に朝食へー。朝食はバイキング形式。普段が米食メインなので米で。朝はがっつりと食べたいよねー。
ご飯が終わって9時前にチェックアウト。歩いて桃源台駅下にある


海賊船乗り場へ。
“小田原、箱根、芦ノ湖を旅する~その3” の続きを読む

小田原、箱根、芦ノ湖を旅する~その2

小田原、箱根、芦ノ湖を旅する~その1」の続きです。


箱根登山鉄道を宮ノ下で下車。宮ノ下と言えば、やはり日本屈指の名門ホテルである富士ホテルが有名なのですが。


こんな感じ。いや、俺旅行すると大体こんな感じ、呉でも長崎でも門司港でもコレ。もう慣れたorz
宮ノ下にて、この富士ホテルから一寸歩いた所ににある「渡邊ベーカリー」で一寸軽めに昼食となりました。


メニューはこれ、「温泉シチューパン」
“小田原、箱根、芦ノ湖を旅する~その2” の続きを読む

小田原、箱根、芦ノ湖を旅する~その1

さて、表題の小田原、箱根(芦ノ湖)と言えば関東在住の方に取っては、最もポピュラーな観光地だと思うのですが、都内に1年ほど住んでいた事は有るものの、殆どを近畿地方の端っこの方で暮らしていたいかりやは、結局何度かチャンスは有ったものの殆ど足を踏み入れた事が無い土地で。正確には中学生の修学旅行で大涌谷と芦ノ湖は行った記憶が微かにあるのだが、最早忘却の彼方なので、まぁ、殆ど始めてだと考えても差し支えは無いかと(汗
そんな箱根旅、先月の最終日に呑みに誘った某氏から逆に誘われ急きょ参加となりました。前日の12日に前乗りで都内に入り、よく13日の朝6:30に新宿駅集合。早朝集合となった理由は朝7時初の


これに乗る為でした。小田急の新型ロマンスカー車両「GSE(70000形)」。流石に被り付きではないが先頭車両の座席を取って頂いた事も有って、眺めは上々。よく、鉄道旅でも空いてると先頭車両から前を見る事はあるけど、やっぱり迫力が違う。
7:00に新宿駅を出て8:13に小田原到着。小田原からJRに乗り換え下って一駅の


早川駅で下車。中々の趣きでいい感じの駅です。此処から、小田原漁港へ向かいます。


小田原漁港には漁港の食堂が有って朝7:00から営業しているとの事だったのですが・・・
“小田原、箱根、芦ノ湖を旅する~その1” の続きを読む

有田鉄道バス・美山線乗車ノ記

さて、通常路線バスと言えば一般道を走るバスであり、田舎に行くと結構マイクロバスだったりハイエースだったりする。一方で高速バスは基本的に高速道路を走り、大きさも中型以上が殆どだと思われる。
しかし、和歌山には路線バスでありながら高速を経由する「マイクロバス」と言う、中々稀有なバス路線が存在する。

それが、有田鉄道のバス路線、美山線である。

地図を見てもらうと判る通り、和歌山市駅を出発地点とすると、海南駅までは国道42号をひたすらに下り、海南インター経由で高速道路へ。有田インターから高速を降りて山側に入り、旧金屋町を経由し白馬トンネルを超えて旧美山村川原河へ至る、言っちゃ悪いが中々の変態ルートと言える美山線。
更に土日運休と言う他所の人には使い辛いこの路線、比較的地元&平日休みと言う地の利+αを活かして乗車して参りました。
“有田鉄道バス・美山線乗車ノ記” の続きを読む

2018、九州夏旅~御朱印編

2018、九州夏旅 その9」の続き


先月の九州旅行で2冊目の御朱印帳が埋まったので、香椎宮にて3冊目を賜る。

さて、今回の旅で五ヵ所の神社を参拝させて頂きまして、それぞれ御朱印を賜って参りました。


先ずは7/24日に訪れた高千穂神社。


高千穂神社の御朱印です
“2018、九州夏旅~御朱印編” の続きを読む

2018、九州夏旅 その8

2018、九州夏旅 その7」の続き


一度は行っておきたかった志免炭鉱竪坑櫓


7月27日。この日はまずはバス移動。
博多バスターミナルから宇美方面へ揺られる事、30数分で下志免バス停に到着。此処から志免炭鉱跡に向かうのですが、途中で


旧勝田線の鉄道遺構を残した公園が。
“2018、九州夏旅 その8” の続きを読む

2018、九州夏旅 その7

2018、九州夏旅 その6」の続き
2018、九州夏旅 その7
今回の旅の目的、豊後森機関車庫公園。


7月26日、朝はまずまずゆっくりと起床し8時過ぎに博多駅からスタート。篠栗線を長者原まで。実はこの篠栗線で桂川まで出て筑豊本線を原田まで進む予定だったのですが、先の豪雨で普通になってしまったので、長者原で引き返し、吉塚で乗換。


箱崎駅で居ります。
“2018、九州夏旅 その7” の続きを読む

2018、九州夏旅 その6

2018、九州夏旅 その5」の続き

宇佐神宮撤収後、取り敢えず塩分と涼を求めて、参道仲見世の一番端の方にある蕎麦屋へ逃げ込み、


ざる蕎麦のいなりセットを注文。お冷に麺つゆも合わせて水分と塩分を確保。宇佐神宮からはタイミングのいいバスが無いため、タクシーで駅へ。1300円は、まぁ、許容範囲内。


再び宇佐駅に戻って北上し


中津で乗換


更に西小倉で鹿児島本線に乗り換えます。
“2018、九州夏旅 その6” の続きを読む