友ヶ島・第四砲台跡(+他砲台跡の現状など

友ヶ島第四砲台跡

自分が以前訪れた際には立ち入り禁止になっていて、和歌山市観光協会のHPを見ても少なくとも22年までは見学出来なかった筈の第四砲台跡が、いつの間にか見学可能になっていたので、先の閼伽井(あかい)の碑の帰りに行って来ました

行きにも見た通行止めの所の手前を折れて登って行くとコンクリート壁が。此処を左に折れると

第四砲台跡へ。此処は営舎かなぁ、と

“友ヶ島・第四砲台跡(+他砲台跡の現状など” の続きを読む

友ヶ島・閼伽井(あかい)の碑へ

現在は立ち入り禁止の虎島。今回は此処の手前まで行きます

と言う事で先の火曜日、先週に引き続き二週連続の加太へ、今回は友ヶ島へ渡ります。

この日は電車移動、まず加太駅まで辿り着き、

徒歩10分ほどで友ヶ島汽船の乗り場へ。平日なのに結構な人出、11時の便で島へ向かい
“友ヶ島・閼伽井(あかい)の碑へ” の続きを読む

8/12(月曜日・祝日)東パ41b


そんなこんなで今回もスペースを賜る事が出来ました。中止になったC98での落選以降は有難い事にスペースを頂けております、ありがたやありがたや。取り敢えず、新刊二冊を目指して今から頑張ろうかと思いますので、何卒宜しくお願い致します

新刊等の情報に関してはX(Twitter)や「コミックマーケットwebカタログ」でも更新する予定ですので、よろしくお願いします

男良谷(おらだに)砲台、及び魚雷砲台跡へ

海岸にあるしっかりした造りの排水溝

9年前に行き損ねたっきり行けて無かった深山砲台跡の第三砲台、男良谷(おらだに)砲台及び魚雷砲台跡に行って来ました(第一砲台跡はコロナ禍直前にも行ってたりします・汗)


グールグマップでは「海軍由良水雷隊遺跡」となっています(;’∀’)

入口は第一砲台を同じ場所ですが、レンガで舗装された遊歩道を登ると第一砲台、未舗装路を下って行くと第三砲台におりて行きます
“男良谷(おらだに)砲台、及び魚雷砲台跡へ” の続きを読む

串本温泉と言う名の2つの公衆浴場

本州最南端の串本町、周りに町には温泉があるのでこの串本にも温泉が湧くのですが、施設は良く言えばシンプル。まぁ、良くも悪くも「お風呂だけ」と言う感じなんですよねぇ…
とは言え気にはなっていたので今年になって両方とも行って来ました

先ずは「ビジネスホテル串本温泉
一見すると普通の銭湯にしか見えませんが、実は道を挟んで隣に建つビジネスホテルの「大浴場」。自分も実際利用するまで全く別の施設だと思ってましたw
設備は普通の銭湯みたいな感じなのですが、特筆すべきは硫黄臭。かなり温泉濃度が強いのか、暖簾を潜る前から匂ってきます
料金は設備からすると一寸お高め700円(リンスinシャンプー&ボディーソープあり)。当然ですかビジホの利用者はタダで入れます。尚、日帰り利用の開始は16時から(16~22時)と遅めですので注意が必要

もう1件は、串本の高台住宅街「サンゴ台」に登る途中にある「串本温泉 サンゴの湯
総合運動公園「サン・ナンタンランド」の1施設と言う位置づけで施設は新しいモノの、此方もシンプルisベストみたいな無駄なモノが無い作り。元々スポーツ施設の一部なのでシャワールームの延長線上に有るのかも知れませんね
料金は500円(リンスinシャンプー&ボディーソープあり)。月曜定休ですが此方は11~21時(最終受付20時半)までと、早くからオープンしています
“串本温泉と言う名の2つの公衆浴場” の続きを読む

6/2(日)の神戸かわさき造船これくしょん11は”王子-22”


三日後の6月2日(日曜日)、神戸国際展示場で開催されます「神戸かわさき造船これくしょん11」、王子-22「碇屋工房」で参加致します

新刊は前日書いた通り「速吸・瑞鶴・熊野が由良要塞(淡路島側)を巡る話

他、4年前に出したyaggyが由良要塞(和歌山側)を巡った話。後は此処二年で出した速吸・瑞鶴・熊野本とyagga本を持って行きます。頒布価格は全て500円となりますので宜しくお願い致します(;’∀’)

「神戸かわさき造船これくしょん11」新刊のお話


次の日曜日6月2日、神戸国際展示場で開催されます「神戸かわさき造船これくしょん11」の新刊。此方のBlogでもUPしていた

速吸・瑞鶴・熊野が由良要塞(淡路島側)を巡る話
A5版/34ページ、頒布価格は500円となります

書店委託は「メロンブックス」さまで、またBOOTHによる自家通販も予定して居ります。委託、及び通販開始時には此方にもリンクを貼る予定ですのでご確認頂ければ幸いです