長崎(&佐賀)、乗り潰し旅、その5 【SASEBO軍港クルーズ】

3日目は長崎本線の旧線~大村線経由で佐世保へ行きます。

まずは「長与経由」で有る事を確認して、佐世保行に乗り込みます。
「旧線」とは言え、新線が諫早~長崎短縮ルートな分、此方は此方で確りと地域の足になっている感がある。長崎新幹線開業後に残るのは、案外旧線な気がするよ。


長与駅で結構停車するので煙草time。
諫早からは大村線にはいります。大村湾に沿って北上。


内海は穏やかでいいねぇ。


ハウステンボスが見えてくると佐世保ももう直ぐです。


佐世保駅到着。
佐世保にこの日を選んで来たのは先に書いた、艦これコラボのスタンプラリー「佐世保鎮守府巡り」&「「艦これ」とピアノコンサートと旧佐世保鎮守府凱旋記念館」に参加するためなのですが、そっちの話は以前に書いたので割愛するとして、此処では佐世保軍港クルーズの話でも。
艦これコラボの佐世保バーガー喰ってから、11時半出港の「SASEBO軍港クルーズ」へ。日が日だけに超満員、よくチケット取れたな俺。


まず、最初に見えるのが多用途支援艦の「あまくさ」。


そして舳先を変えて、目の前に現れる護衛艦群。一番手前が、この日の僅か10日前に竣工した、正に最新鋭の護衛艦「あさひ」です。


その隣には「あさぎり」


退役し艦名を剥がれた「くらま」に、補給艦の「はまな」と並びます。


海から見る、大型250tハンマーヘッド型クレーン。旧海軍工廠時代から稼働する近代遺産。


米軍の船で唯一基地付近にいたのが揚陸艦の「ジャーマンドック」でした。


更に進んで奥が例の乾式ドックですが、海からじゃ分かりませんわ(汗
船は沖に向かって進みます。進行方向右側の山々の中には石油タンクがあると言うお話ですが、偽装もあって山しかないので割愛。
で、佐世保湾の入口まで来て漸く見えるのが巨大な電波塔


針尾無線送信所。陸から見たらもっと凄そう。
船は此処で舳先を元の港に向ける訳ですが、途中で


ルイス・アンド・クラーク級(多分ウォーリー・シラー)補給艦と遭遇。
海自佐世保警備隊付近では、


大発・・・じゃ無かった、輸送艇1号型と


ミサイル艇が。
そして最終盤、港の近く佐世保港国際ターミナルの裏手に


護衛艦「あさゆき」に


「さわぎり」「あけぼの」「じんつう」、


掃海艇の「ひらしま」と「やくしま」二隻を覗みクルーズは終了。
クルーズ終了後はその足で佐世保コラボのスタンプラリーなどをしたり、セイルタワー登ったり、コンサート行ったり、レモンステーキ食べたりでこの日は終了。
詳しくは前述通り【艦これコラボ「佐世保鎮守府巡り」行ってきたよー。】と【「「艦これ」とピアノコンサートと旧佐世保鎮守府凱旋記念館」行ってきたよ。】に書いていますので、そちらを御照覧下さいませ。
続きます。

前回←→次回

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ 九州旅行へ
にほんブログ村

投稿者: ikariya

明日、いかりや。 93~03年位まではエロマンガ雑誌(漫画ホットミルク、漫画ばんがいち、コミックメガキューブ等)の読者コーナーとかに投稿していた人。同人活動も碇屋工房にて97年~現在まで丸20年続いてしまいました(汗)。今は旅行したりと、まぁ、色々と。好きなものに関してはこちら参照で。