鶉野飛行場跡の「紫電改」原寸大レプリカ見てきたよ。


と、言う事で艦これサーカスの開幕戦からとんぼ返りで見てきました。まぁ、言ってもこのレプリカそのものは「コレ」しか無いので其処まで時間をとってみるものでも無いのですが、でも、やっぱり実物みると迫力ありますわ…。

場所は此処。前もって言って置きますけど「公共交通機関的にすっごい不便です」。車で行けるなら車の方がいいかもと。どうしても公共交通機関でって場合は北条鉄道法華口駅より徒歩35分位。道中には戦争遺構も点在していて見どころもありますが、夏場は避けた方がいいかも知れません(大汗)


さて紫電改のレプリカですが、先ずは正面から。誉二一型エンジンの上下に三つ空気の入口が。一番上がエンジン吸気口、下の二つがオイルクーラーの冷却吸気口になります。


逆方向下から呷りで。つか何気にこの倉庫の造りが凄いんですが(汗


今度は上から見て全体像。


キャノピーはこんな感じ。


主翼に20ミリが並んでるって事は21型のレプリカって事ですね。


展望デッキから降りて横から見ると、エンジン排気口が並んでるのがよく見えます




最後に後ろから。


キャノピー越しに操縦席も見えました。
※他の写真については此方にUPしています。

やっぱり「実物大」は見応え十分でしたし「来て良かったかなぁ」とは思いますが公開が実質月2回って所が中々悩ましい所。後は道中にも見どころはあるとは言え、せめて公開日にジャンボタクシーでもいいのでシャトルが有ればなぁ。加西市で如何にかならんかね…。

因みに一般公開は毎月第一と第三日曜日の10時~15時までですが、二人以上居れば二週間前に申し込めば一般公開日以外にも見る事は可能らしいです。
詳しくは「かさい観光NAVI」の該当ページでご確認ください。

投稿者: ikariya

明日、いかりや。 93~03年位まではエロマンガ雑誌(漫画ホットミルク、漫画ばんがいち、コミックメガキューブ等)の読者コーナーとかに投稿していた人。同人活動も碇屋工房にて97年~現在まで丸20年続いてしまいました(汗)。今は旅行したりと、まぁ、色々と。好きなものに関してはこちら参照で。