路線バスで紀伊山地縦断、十津川へ花見に行ってきた(後編)


夢の跡。(中編はこちら

12:14、十津川温泉発の「八木新宮特急バス」に乗車、この日は日帰り予定だったので、取り敢えず五条を目指します。ICカードでも良かったのですが、折角発券可能なので、乗車券を購入して、乗車。


弁当食べつつ、北上します。


一部はバイパスも通って随分便利になった感じの、十津川ルート。バスも一部はバイパスを通りますが、基本、旧道ルートなので細い道を通る事の方が多いかと。


十津川村役場のある湯泉地温泉が見えてきます。


更にその先、十津川の水力発電所水道橋を通過し


風屋ダムや


へばり付くように立つ民家を脇に見つつ


休憩地点でもある上野地バス停に到着。此処では20分の休憩時間があるのですが、時間が長い理由はコレです。



生活用鉄線の吊り橋としては日本最長となる「谷瀬の吊り橋」。



これを渡ろうと思えば渡れるからです。


あ、因みに自分は高所恐怖症なので、チャレンジしましたけど途中で帰ってきました。だって怖いから(ヲイ
13:37、再度バスに乗車。バス一台分の狭小な道を進んんで五条市内に入ってきます。
で、此処で「阪本」と言う地名を聞いてふと思いだす訳ですよ、ええ「五新線」を。


現在、大阪大学核物理研究センターの大塔コスモ観測所に利用中のトンネルをまず発見。
そして、市原と坂巻のバス停の間に、



五新線のシンボルとも言うべき宗川橋梁を発見。ああ、せめて何かが通ってる所、見たかったよね…。


その後も八坂橋梁や



丹生川を渡る幾つかの橋梁を見る事が出来ました。


そんなバスの旅も15:10着のここ、五条駅で打ち止め。


さっきのお昼ごはんでは足りなかったので、再度お寿司買っておやつに~。


後は五条駅15:36発で和歌山に向かい、和歌山からはきのくに線で出発地の御坊に。途中で遅れもあって定刻から弐分遅れの18:38着で、紀伊半島の山間部をショートカットして1周してまいりました。いやぁ、中々これでも疲れたよw

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ
にほんブログ村

投稿者: ikariya

明日、いかりや。 93~03年位まではエロマンガ雑誌(漫画ホットミルク、漫画ばんがいち、コミックメガキューブ等)の読者コーナーとかに投稿していた人。同人活動も碇屋工房にて97年~現在まで丸20年続いてしまいました(汗)。今は旅行したりと、まぁ、色々と。好きなものに関してはこちら参照で。