「世界のカバン博物館」行ってきたよ。


この手のトランク好きな人には堪らんぞ
去る10月21日、前日に新宿でトークライブ、翌日に蒲田で即売会を控えていたのでそのまま都内に居た訳なのですが全くのフリーだったので「さて、如何しよう」と宿で思案。しかも月曜日なので博物館・美術館は休館日の所も多くて「さあ、困ったぞ」と、取り敢えず「月曜開館の博物館」を調べると、宿から近い所に無料の此処


世界のカバン博物館」が有ったのでお邪魔しました。
場所は鞄・スーツケースの製造販売大手「エース株式会社」の東京店、その7階に有ります。



館内は撮影OK。いい感じのトランクやらがならんでいます。


今では絶対に造れない像皮のトランク。


これはラケットホルダー付き。


世界の様々なカバンや、


日本のカバンなんかも展示してあります。
一々全部は紹介しきれないですし、其処はみてのお楽しみの所もあるので、気になったものを幾つか。
まずは



1910年代の化粧品カバン。ホルダーと言い小瓶と言いサイバーパンク感が出てていい感じです。



次はコレ、ガシェットバッグ。現代のカメラバッグに通ずるものが有りますよね…。



最後はこれ。長い船旅に備えたワードローブトランク。持ち運ぶ衣装ダンス、1920年代の船旅の背景資料とかにもなりそうですよね~。

更に8階にはエース創始者を記念した「新川柳作 記念館」がありまして。


これまでに発表されたエースのカバンと歴史が展示してあります。


エースと言えばやっぱりやっぱり「デボネア」。今だと逆にお洒落で新しい感じがしますよね~。
(尚、他の写真はGooglephotoにUPしています)


世界のカバン博物館
東京都台東区駒形1丁目8−10
開館時間:10:00~16:30
休館日:日曜、祝日(ただし土曜日の祝日は開館の場合あり)
※年末年始は休館、不定休館もあります。
因みにHPから「Googleストリートビュー」を使って館内のバーチャル見学か可能ですので「行く時間無いよ」って方はそちらもお試しして見て下さいませ(;’∀’)

投稿者: ikariya

明日、いかりや。 93~03年位まではエロマンガ雑誌(漫画ホットミルク、漫画ばんがいち、コミックメガキューブ等)の読者コーナーとかに投稿していた人。同人活動も碇屋工房にて97年~現在まで丸20年続いてしまいました(汗)。今は旅行したりと、まぁ、色々と。好きなものに関してはこちら参照で。