白浜桟橋にて

さて、最近ちょくちょく白浜まで足を延ばす事も多いのだが、白浜に行く際に通る事も多い「白浜桟橋」。桟橋って言う位だから、昔は何かしらの船が運行してたんだろうな、と思って調べてみた所、桟橋と田辺港の大浜を結ぶ田辺湾汽船の渡舟と、後、神戸~白浜間のフェリー「神紀フェリー」が運航されていたらしい。


さて、この白浜桟橋でぱっと目につくのは、この「綱不知桟橋」と言う小さな桟橋で、渡船なら判るが、とてもフェリーが着けるようなスペースでは無い。車で走ると気づかないのだが、車を降りてこの綱不知から「ホテル川久」を望むと、その手前に錆び付いた着岸設備が見えるのだ。
場所的には田辺方面から、白浜桟橋のT字路を曲がらずに臨海方面に走り、直ぐ右手に見えるVショップ桟橋店の手前を右に曲がると、その場所が見えてくる。



錆び付いた可動橋操作室に


ランプウェイが接続する斜路



ともに建造年月日は航路が設定された1972年となっている。


接岸用の側壁も錆さび。


周辺は一寸した岸壁になっていて、結構釣り客が多い。




まぁ、こんな遺構があればいい漁礁だよな。

この神紀フェリー、神戸~(一部・海南)~白浜と言う航路で1972年に就航したらしいのだが、残念ながら僅か3年の運命で1975年には航路廃止となっている。尚、この航路で使われたフェリー「紀州」は、その後、最終的にフィリピンに渡り1999年に沈没事故を起こしてる。
今となっては、尚更採算は取れないであろう航路だが、この桟橋にフェリーが着く姿は少し見てみたかった、とは思うなぁ。

投稿者: ikariya

明日、いかりや。 93~03年位まではエロマンガ雑誌(漫画ホットミルク、漫画ばんがいち、コミックメガキューブ等)の読者コーナーとかに投稿していた人。同人活動も碇屋工房にて97年~現在まで丸20年続いてしまいました(汗)。今は旅行したりと、まぁ、色々と。好きなものに関してはこちら参照で。