みちのくひとり旅2023初春 その5

南リアス線と山梨の眼鏡JK(前の話→その4

カッパ淵を後にして今度は徒歩数分の所にある伝承園へ。
伝承園の萌えキャラがお出迎えしてくれますw
旧菊池家住宅を中心に遠野の伝統的な農家の建物や伝承を展示、

メインはこの旧菊池家住宅となります。

養蚕農家の茅葺の母屋は内部も当時を確りと再現しており、

奥の通路の脇には生糸を紡ぐ機器の展示も。
そして通路を右に折れた奥にあるのが

オシラ堂(御蚕神堂)が鎮座しております。皆、願い事を書いた布を貼って行くので中々壮観

ここでお腹が空いて来たのでお昼ごはん。
折角なので遠野のモノをと「ひっつみ定食(ミニかき揚げ丼)」をチョイス、優しいお味で御座いました。旨かった。

一通り回って、さて駅に戻るかと思うも、バスは無く「タクシー呼ぶのもなぁ…」と言う事で約5キロの徒歩移動を決意。尚、この時点でのいかりやは先の比叡山&姫路城で右の膝裏を痛めて首里城、浦添城址でも右足を引きずり、前日の霞城公園でも同様と言う状況での一寸無謀な挑戦でしたが…結果は大成功。Google先生予想より10分早く到着となりました。
また、徒歩移動故に情報量も多く、

行掛けに気になっていた、街中に鎮座する展望客車や

小さな神社にも訪れる事が出来ました。

そんなこんなで駅到着。駅前で「河童捕獲許可証」も確保し
13時過ぎの快速で釜石を目指し

釜石到着。

此処からは念願の三陸鉄道リアス線。ゴルゴに乗って移動します。

尚、ゴミ箱もゴルゴ。

「南リアス線」は高架高台が多く見晴らしは中々。途中の車内放送で解説も入ります。

恋し浜駅では数分間の停車が有ったのでホームへ。
物凄い貝殻と、あと

鉄道ダンシ「恋し浜レン」の等身大パネルが鎮座しておりましたw

そんなこんなで盛駅へ。

BRT転換された大船渡線の気仙沼~盛区間との接続地点と言う事で電車とBRTの平面乗換が出来ます。萌えるよね、異種交通機関平面乗換!!

盛りからは再び折り返し、今度はさくら浪漫号へ。

トンネルに入ると雰囲気抜群になります。

釜石を過ぎ、右手側に釜石復興スタジアムなとを見つつ北上、
釜石から宮古の間は旧・山田線の一部区間となる為、高架よりは海岸線や山の谷間を縫うような路線になります。

そんなこんなで宮古駅到着。

宮古での晩御飯は地元スーパーで買おうと思ってたんですが
閉ってましたorz。なので止むを得ずコンビニ飯をコインランドリーで貪ることにw

まぁ反面、もう閉ってると思ってた三陸鉄道のショップは開いていて、鉄道むすめのクリアファイルがget出来たので良しと言う事に。(その6

伝承園の写真はHPGooglephotoに、三陸鉄道の写真もHPGooglephotoにUPしています。

ikariya

投稿者: ikariya

明日、いかりや。 93~03年位まで、主にエロ漫画雑誌の「漫画ホットミルク」「漫画ばんがいち」「コミックメガキューブ」の読者コーナー等に投稿していた元・ハガキ投稿者。兼「漫画ホットミルク」の読者集会「愛宴」幹事の、どうも最後の生き残りの模様です。同人活動も碇屋工房にて97年~現在まで25年も続いてしまいました。 好きなものに関してはこちら参照で。