湯浅温泉「湯浅城」


多分、出来た最初の頃、まだ国民宿舎時代だったので、それこそウン十年振りに行ってきました湯浅城。
場所は此処。

もう見た目完全に復元されたお城なのですが、湯浅に天守閣付きのお城が有った歴史は無い筈なので、取り壊されてしまった尾道城みたいな感じな建物です。

元々の城は向かいの山に有った山城で、完成が平安時代、落城が室町時代なので天守閣のある城の出現前には既に無かった模様。

入口を入って中庭に出ると堂々たる威容の5階建て天守がw
先に国民宿舎と書いた通りで、以前も今も宿泊施設。なので城の1階回廊部分と天守2~3階部分が客室となっています。

中庭も中々整えられていますね。

お風呂はこの一階、中庭の奥の回廊沿いにあります。日帰り入浴は500円、シャンプー、コンディショナー、ボディソープに小さいながらもサウナまである環境を考えれば500円は安いかと。
湯船は大きい大浴場の浴槽が一個だけですが、壁際からジェットバスが吹いて居たり、中央がジャグジーになっている等、まぁ、コレも価格相応かと思います。

尚、一応天守閣持ちの「お城」ですので、当然ながら天守閣に登れます!

5階の天守からは湯浅の街並みと湯浅港を望む事が出来ますので時間が有れば是非ともに。

また4階は展示スペースになっていて、現在は日本財団のプロジェクトによる海洋生物の標本化石等が展示されております(以前は当地を収めた湯浅氏の資料が展示されていたそうです)。

最寄りの公共交通機関はありませんが、以前に紹介した「二ノ丸温泉」と違い比較的湯浅の中心部に近く、湯浅駅からも徒歩30分弱で辿り着けると思いますので、ご興味あればと。

湯浅温泉 湯浅城(※日帰り入浴)
入浴料:大人500円・小人250円
営業時間:12:00〜23:00(最終受付22:00)

にほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ
にほんブログ村

ikariya

投稿者: ikariya

明日、いかりや。 93~03年位まで、主にエロ漫画雑誌の「漫画ホットミルク」「漫画ばんがいち」「コミックメガキューブ」の読者コーナー等に投稿していた元・ハガキ投稿者。兼「漫画ホットミルク」の読者集会「愛宴」幹事の、どうも最後の生き残りの模様です。同人活動も碇屋工房にて97年~現在まで25年も続いてしまいました。 好きなものに関してはこちら参照で。